FC2ブログ
獨去書房

獨去書房

インディーズ官能小説作家・沢見独去のブログ

アマゾンで買う ブックウォーカーで買う 楽天koboで買う

 BookList     Mail   Twitter    GuestBook
ノクターンノベルズにて『魔道士リュクラス、女子学園に潜入する』連載中!

『あこがれの姉』(3)/寝取られ男のブルース5

ntr_s.jpg

寝取られ男のブルース第五話『あこがれの姉』、第3回です。
次回は28日(日)にアップします!!


寝取られ男のブルース第五話
「あこがれの姉」(3)  沢見独去


 嫉妬と怒りと、そしてとてつもない喪失感。ふらふらと僕は公園の土の上に、座りこんでしまう。じめじめとした感触が、パンツ越しに伝わってくる。
 黒い下着の股布をずらして、松尾が直接、姉の秘所を指で探る。それから彼はその手を目の前に持ってきて、まじまじと見つめた。人差し指と親指をくっつけたり離したりして、指先についたものを姉に見せびらかす。

「ほら。やっぱり、濡れてるじゃん」

 姉の顔が狼狽する。

「や、やめて……」

 男はふんと、鼻を鳴らして嗤った。

「おら。パンツ脱いで、跨がれよ、明菜」
「……あああ。そんなっ」

 羞恥に顔を赤らめながらも、姉がその奥で淫らな昂ぶりを感じていることが、僕にはわかってしまう。股間のものが、さらにそそり立ち、先端から漏れる粘液で、下着が濡れていく。
 彼女はおずおずと立ち上がった。そのまま両手でタイトスカートの中に手をつっこみ、小さな黒のショーツをずり下ろす。
 その姿を、松尾はベンチでふんぞり返って、にやにや笑いながらじっと見つめている。
 片足ずつ持ち上げて、下着を完全に脱ぎさると、ゆっくりと男へと近づいていった。
 姉ちゃん、やめてくれ……。
 息をひそめて暗闇にうずくまる僕は、心の中でそう叫び続けていた。もちろん、そんな願いも空しく、愛しい姉は男の膝に跨がった。
 ミュールを履いたまま膝を曲げて、木のベンチの上に乗り、ゆっくりと腰を下ろしていく。両手はしっかりと男の肩をつかんでいた。

「んはっ」

 つややかな姉の唇がいやらしく半開きになり、そこから吐息が洩れる。
 男の両手が、彼女のくびれた腰を抱いた。

「あああっ……あはああんっ……」

 白いノースリーブのシャツにつつまれた背中が反り返り、男のものが体の中に入っていくのがわかる。
 腰がくねくねと動き、さらに奥まで肉棒を咥えこんだ。

「あああああっ……んはあん。やあああん」
「おおうっ……久しぶりの明菜のまんこ、気持ちいいぜっ……ううっ。自分で腰を振るんだ」

 公園の暗闇に、なまめかしい白い生脚が、男の体の左右に突き出ている。そのまま姉が、男に言われたとおりに、腰を前後に振り始めた。
 完全にまくれ上がったデニムのタイトミニから、真っ白でやわらかそうなお尻が見えている。尻肉が、ぶるぶると震え、その奥に男のものが突き刺さっているのが、僕のひそむ場所からよく見えた。

「んんんっ……あああんっ……はんっ」

 姉は男の体にすがりつくように抱きつき、大きく体を上下にゆするようにして、股間で男のものをしごいている。
 濃い茶色のボブカットの髪が、その動きにあわせて揺れる。
 男が下から、腰を突き上げ出した。
 するとさらに姉の淫靡な声が、高くなる。

「あはああんっ……だめっ。んくっ……あああああああっ……」

 男の手が、ノースリーブのブラウスをめくりあげる。ショーツとお揃いの黒のブラジャーが乱暴にずり上げられ、真っ白な胸のふくらみがあらわになる。
 その双丘の頂上で、そそり立つ赤い乳首が、はっきりと見える。
 男の手が、そのちょうどいい大きさに突き出した乳房を蹂躙する。指先が柔軟な乳肉に埋まり、お椀を伏せたようなきれいな形の肉丘が変形する。先端の蕾が指先でつままれ、こねられ、引っぱられる。

「やああんっ……おっぱい、だめええっ……あああああっ……」

 さらに姉の淫蕩な腰のグラインドが、激しくなる。

「ううっ……人妻になっても、明菜のまんこは、あいかわらず最高だぜ……」
「ああんん……あうんんっ。へんになっちゃうっ……あああああ、感じるっ……はあああああんんーっ」

 ぐじゅぐじゅと姉の蜜穴が立てる音が、僕の耳にまで届いてくる。
 好きだった姉が、夫以外の男に貫かれてよがり狂っていく姿は、たまらなく淫靡だった。ショックと興奮で、僕の思考能力はどんどん奪われていく。
 気がつくと、僕は自分のズボンをずらし、直接、愚息を握りしめてしまっていた。思いっきり目を見開いて、姉の痴態を眺めながら、激しくそこをしごいてしまう。
 心のどこかでは、やめたいと思っていた。こんな情けないことはやめて、いますぐ立ち去れと強く感じていた。
 だがその声は次第にどこかへと飛び去っていく。
 残るのは、姉が男と夜の公園で淫らに座ったままつながって、激しく腰を振る姿と、それを見ながらみずからをしごく僕のものから発せられる快楽だけだ。
 男の突き上げが激しく、早くなっていく。両方の乳房を手でなぶりながら、男は膝の上でのたうつ姉の肢体を堪能していた。

「ああああっ……もうだめっっ……ゆるしてえええっ……んはあああんんっ。いいっ……ああああああああーっ!」

 姉の全身がびくびくと大きく痙攣する。
 同時に、男が咆え、さらに下から姉の穴の奥まで肉棒を突きこんだ。

「うううっ……おうっ」
「あああっ……な、中はだめっ……ああああああっ。だめなのにっ……んはああああんっっ……」

 何度も男の体がひくつき、姉の中に何度も精を放った。
 彼女は大きく体をくねらせて、そのすべてを受けとめている。

「おおうっ……んふう」
「んああああっ……」

 僕が手でしごく肉棒からも、黒い快感が膨れあがっていく。人妻の姉が他人の精をそそがれるところを目を見開いて凝視しながら、僕はその甘美に身をまかせる。
 その瞬間、声が洩れてしまわないようにするのに必死だった。僕の愚息は跳ね上がり、大量の白濁液が目もくらむような悦びとともに先端から噴き上がる。それは黒く濡れた公園の土へとぶちまけられた。
 歯を食いしばり、情けなさと嫉妬に苛まれながら、僕は睨みつけるように姉の背中を見つめる。
 ちくしょう。姉ちゃん……。
 その体から力が脱け、姉は男の胸にしなだれかかった。そのまま大きく肩で息をしている。
 ボブカットの頭を、松尾はやさしげな手つきで撫でた。

「明菜……よかったぜ」

 いまだ入れられたままの彼女は、尻をくねくねと動かしながら、男に抱きつき、媚びを含んだ甘い声でささやいた。

「あーんっ……わたしも、気持ちよかった……」

 姉が松尾の口に、みずから唇を重ねる。舌が男の口の中に突きこまれている。
 そのまましばらく貪りあうように淫らなキスをかわしたあと、二人はそこから去って行った。
 長い間、僕は公園の冷たい土の上にへたりこんで、動けなかった。
 くそっ。
 涙がにじんで、暗い公園の景色がぼやけていく。
 いまだ萎びた一物をさらけ出し、がっくりとうなだれたまま、僕は座り続けた。目の前で僕の出した精液が、黒い土にしみこんでいく。
 どこか遠くで、車のクラクションが鳴っていた。


↓モチベーションアップのためにも、もしよろしかったら、クリックしてください。ご協力、どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Comments

プロフィール

沢見独去

Author:沢見独去

電子出版で、自作の官能小説を発表しています。現在はネトラレ(寝取られ)属性専門レーベル「NTR文庫」・なるべく脱がずにエッチするのが目標wの「制服悦楽図鑑」、ラブイチャ系ロリータ小説などを展開中!

月別アーカイブ



 
著作リスト


義妹との、冬(¥500)


少女との、夏〈改訂版〉(¥450)


団地少女〈改訂版〉(¥440)


いけないシリーズ【合本版】(¥1,250)


寝取られ男のブルース②(¥300)


居酒屋の女将・二十九歳(¥300)

lol03_1.jpg
いけない家庭教師・上―教え子JC三人との魅惑の日々(¥250)

lol03_1.jpg
いけない家庭教師・下―教え子JC三人との魅惑の日々(¥300)

ntr09.jpg
背徳の宴―他人のものだった妻(¥330)

ntr08.jpg
NTR文庫08 寝取られ男のブルース①(¥300)


制服悦楽図鑑04 OL奈央子の受難(¥200)
BookWalker / Amazon


いけない帰省・上―イトコ姉妹とその友人との淫らな日々(¥250)


いけない帰省・下―イトコ姉妹とその友人との淫らな日々(¥300)

ntr7.jpg
NTR文庫07 囚われ、寝取られていく妻(¥250)

変心―寝取られた幼なじみ
NTR文庫06 変心―寝取られた幼なじみ(¥250)

cos03_3.jpg
制服悦楽図鑑03 若叔母の喪服(¥200)
BookWalker / Kobo / Amazon

cover.jpg
いけない教育実習・上―女子中学生三人とのハーレムな日々(¥250)

lol01_2.jpg
いけない教育実習・下―女子中学生三人とのハーレムな日々(¥250)


制服悦楽図鑑02 パンツスーツの女 (¥200)
BookWalker / Kobo / Amazon


制服悦楽図鑑01 ナースふたりの淫らな看護 (¥200)
BookWalker / Amazon

ntr05.jpg
NTR文庫05 ネトラセ→ネトラレ―ある夫婦の記録(¥300)

ntr04.jpg
NTR文庫04 妻と夫の、寝取られ長距離交際(¥250)

NTR文庫03 図書委員の憂鬱―片想いの少女は、同級生の手で女になる
NTR文庫03 図書委員の憂鬱―片想いの少女は、同級生の手で女になる(¥250)

ntr02.jpg
NTR文庫02 妻の浮気告白―校長に脅されて感じる元教師の妻(¥250)
BookWalker / Kobo / Amazon

ntr01.jpg
NTR文庫01 愛欲と窃視の果て―三十二歳不倫妻(¥250)
BookWalker / Kobo / Amazon