FC2ブログ
獨去書房

獨去書房

インディーズ官能小説作家・沢見独去のブログ

logo_BOOTH.png ブックウォーカーで買う 楽天koboで買う logo_FANZA.png DLsiteで買う

 各販売サイトの違いについて


 BookList     Mail   Twitter    NocturneNobels   


人妻たちの饗宴 The Old Crow Bar (5)

bar02.jpg

無料連載の官能小説です。郊外のバーを舞台に、マスター裕次と、さまざまな人妻たちの関係を描きます。今回から新しい章へと入りました。もうしわけありませんが、今回はエッチなシーンはなしです^^

次回は11/25に公開します!

下の続きを読むからご覧ください。


人妻たちの饗宴―The Old Crow Bar』 (5) 沢見独去



2 由里


 裕次の自宅は、歩いてすぐの古びたアパートだ。

 帰ってくるのはいつも遅い。

 店の閉店時間は決めていない。客がいればあけているので、下手をすると朝方まで部屋には戻れなかった。その時にはすでに酔っぱらっていることが多いので、そのままベッドに倒れこんで寝てしまう。

 起きるのはいつも、昼を大きく回ってからだ。

 その日は前日あまり客が来なかったので、午前三時には部屋に戻れた。そのまま寝て、昼の十二時に起きた。これでも七時間は寝ている。不規則ながらも、睡眠時間はちゃんと確保できていた。

 起きるとシャワーを浴びて、私服に着替え、部屋を出る。

 朝食というには遅すぎるのだが、裕次にとっての朝食は、家でなにか適当なものを作ることもあったが、この日は、店の買い出しがてら外で取ることにした。

 アパートの隣の駐車場に駐めてある黒のフィアット500に乗りこみ、まずは国道沿いのカフェに向かう。

 一週間に一度はそこのカレーライスを食べたくなる。なにもかもが煮こまれて、まったく具のなくなったカレーだ。別に塩こしょうを効かせて焼いたサイコロステーキを熱々のご飯の上に乗せ、その上からそのルーがたっぷりかかっている。何を隠し味に使っているのか、その味は辛くて、コクがあって、絶妙だった。

 そこの主人は五十がらみのクマみたいな印象の顔中ひげ面の男で、五年ほど前に脱サラして店を開いたのだと言っていた。

 店のドアを開けると、そのひげ面が愛想よく笑いかけた。

「お。マスターいらっしゃい」

 自分もマスターのくせに、裕次のことをそう呼ぶのだ。酒好きの彼は、たまに裕次の店にも顔を出してくれる。

「おはようございます」

「もうそんな時間じゃねえよ」

 ひげ面が苦笑する。

 昼食時は終わっているので、店内には誰もいない。

「いつものスペシャルカレーでいいの?」

「お願いします」

 国道を見渡せる窓際の席につく。

 都心と違い高いビルの少ないこの街は、空が広い。青天の青い空が窓の向こうに広がっている。

 厨房へ入っていったひげ面と交代するように、水を入れたコップをトレーに載せた女性がそこから出てくる。

 彼女が裕次がここへ通う第二の理由だった。ひげ面のマスターの連れあいだ。まったく彼とはお似合いではない容姿をしていた。

 彼女の名前は奈々。三十代後半だろうと裕次は推測していた。

 長いストレートの黒髪をポニーテールにして、そこに赤いバンダナを三角にして巻いている。切れ長の目に、大きな口がエキゾチックな美人だ。背も高くて百七十センチ近くはあるだろう。タンガリーシャツに白無地のコットンのTシャツ。七分丈の体にフィットしたジーンズにスニーカー。体型はスレンダーだ。胸も尻も小さいが、しかし丸みをおびていて、女らしさは失っていない。

 あのひげ面がどこで見つけてきたかと問い詰めたくなるような、いい女だった。

 なんとかもっとお近づきになりたいと裕次は願っていたが、なかなか店員と客という以上の関係にはなれないでいた。
「あら、マスター。いらっしゃい」

 彼女も同じく裕次のことをマスターと呼ぶ。

 にこやかに笑いながら裕次のところまで来て、水を置いた。

 厨房からはカレーと、肉の焼けるいい匂いが漂ってきて、裕次の食欲を刺激する。

「奈々さん、最近お店はどうですか」

「うーん。ぼちぼちってとこねえ」

 国道を走る車の客相手に、モーニングと昼食を出すのが、ここの主な収入源だった。あとは裕次のように地元の常連客がちらほら現れる。ひげ面マスターの作る本格的な夕食もおいしいと評判だったが、裕次はまだ試してみたことがない。

 奈々が厨房を目で示しながらささやく。

「今日はあれが、夜は友達と呑みに行くっていうからさ。あたしもマスターの店に顔を出すわ」

「わかりました。お待ちしていますよ」

 あれ扱いされたひげ面が、スペシャルカレーを厨房から運んできた。

「おまちどおさま」

 奈々も裕次の店の常連の一人だ。夫婦で来てくれたり、たまには一人で呑みに来たりする。

 裕次は今晩が楽しみになった。(つづく)

↓気に入っていただけたら、クリックしてください。作者が喉をごろごろ鳴らして喜びます。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]


Comments

プロフィール

Author:沢見独去

      
電子出版で、自作の官能小説を発表しています。小○生ものをこっそり書いていたのがばれてamazon KDP(Kindle ダイレクトパブリッシング)から追放されて放浪中。

 
著作リスト
画像をクリックすると、BOOTHの当該ページに飛びます。そのほかの販売サイトは「作品紹介サイト」か、このブログの上部のリンクからご確認ください。
新作


東京で変わってしまった幼なじみ(¥380)

無料


寝取られの館―美母娘の誘惑(無料)

ロ●系


ヨメに隠れて義娘といちゃいちゃ(¥500)


旅館少女(¥500)


図書館少女(¥500)


潮騒の町、娘と母(¥500)


義妹との、冬(¥500)


少女との、夏(¥500)


団地少女(¥500)

cover.jpg
いけない家庭教師(¥500)

cover.jpg
いけない帰省(¥600)

cover.jpg
いけない教育実習〈完全版〉(¥600)

NTR文庫


NTR文庫12 盗撮の邸宅―ダブルネトラレ・娘と妻(¥500)


NTR文庫11 寝取られ男のブルース②(¥300)


NTR文庫10 居酒屋の女将・二十九歳(¥300)

ntr09_new.jpg
NTR文庫09 背徳の宴―他人のものだった妻(¥400)

ntr08.jpg
NTR文庫08 寝取られ男のブルース①(¥300)

ntr7.jpg
NTR文庫07 囚われ、寝取られていく妻(¥300)

変心―寝取られた幼なじみ
NTR文庫06 変心―寝取られた幼なじみ(¥300)

ntr05.jpg
NTR文庫05 ネトラセ→ネトラレ―ある夫婦の記録(¥300)

ntr04.jpg
NTR文庫04 妻と夫の、寝取られ長距離交際(¥300)

NTR文庫03 図書委員の憂鬱―片想いの少女は、同級生の手で女になる
NTR文庫03 図書委員の憂鬱―片想いの少女は、同級生の手で女になる(¥300)

ntr02.jpg
NTR文庫02 妻の浮気告白―校長に脅されて感じる元教師の妻(¥300)

ntr01.jpg
NTR文庫01 愛欲と窃視の果て―三十二歳不倫妻(¥300)

その他


制服悦楽図鑑〈合本版〉(¥600)