FC2ブログ
獨去書房

獨去書房

インディーズ官能小説作家・沢見独去のブログ

logo_BOOTH.png ブックウォーカーで買う 楽天koboで買う logo_FANZA.png DLsiteで買う

 各販売サイトの違いについて


 BookList     Mail   Twitter    NocturneNobels   


人妻たちの饗宴 The Old Crow Bar (7)

bar02.jpg

無料連載の官能小説です。郊外のバーを舞台に、マスター裕次と、さまざまな人妻たちの関係を描きます。

次回は12/5に公開します。

下の続きを読むからご覧ください。


人妻たちの饗宴―The Old Crow Bar』 (6) 沢見独去



2 由里 (承前)

 遠くでごろごろと雷の音が聞こえる。背中のほうを振り向くと、黒い雲が遠くに広がってきていた。

 しかしもう二人はとまらない。

 裕次の右手が、再びショートカットの髪の毛をかきわけて、彼女の耳をつつんだ。

 そのまま耳たぶをやさしくこねると、彼女は逃げるように顔を傾けた。

「あっ。耳、くすぐったいです」

 しかしそうやって耳全体をやさしく愛撫していると、彼女の童顔がとろけたような表情に変わる。

 思わず裕次はまた頭の上に手をあてて、撫でてしまう。

「由里さん、かわいいね」

「もう。子供扱いしないでくださいっ。これでも二十三なんですからね」

「おれみたいなオヤジから見れば、十分子供だけどね」

「マスターは、まだ、オヤジじゃないです……」

 ふたたび二人は唇を激しく重ねる。

 裕次は左手を、彼女の胸のふくらみに持っていく。手のひらをかぶせるように、乳房全体を撫でる。それは裕次の手に余るほどの大きさだ。

「あんっ……んんっ」

 ゆっくりと指先に力を入れる。Tシャツと下着越しなのに、そのやわらかさがわかる。指先がその乳肉に埋まっていくような感覚。

 本格的に双乳への愛撫を開始しようとした時、裕次の頬に、雨粒がぽつりとあたった。気づくと遠くにあったはずの黒い雨雲が、もう天を覆っている。

 スコールがやってきたのだ。あたりが急速に暗くなり、雨はみるみるうちに激しさを増して、シャワー並みの強度になる。  

「きゃあ」

 雨宿りできるような場所はない。

 二人は慌てて車のほうに走り出す。

 雨音が周囲を圧倒し、真っ黒な川面でさえも、泡だったようになっている。

 もう下着まで濡れている。そんな状態でなんとか車に戻った。

「うわあ。びしょびしょになっちゃったぁ」

「何か拭くもの、探すよ……タオルとか、あったかな」

 そんなものはなかったが、天気がよかったので脱いでいたコットンのブルゾンがあった。それを由里に手渡す。

「とりあえず、これで拭いて」

「いいんですか?」

「かまわないから」

 彼女の栗色のショートカットの髪も、シャワーを浴びたかのようにびしょ濡れで、毛先がらしずくが垂れている。オフホワイトのTシャツも濡れて肌に貼りついていて、ピンクのブラジャーが透けて見えている。そのレースと刺繍で飾られた布の形まで、浮き上がっている。黒のタイトスカートも同様で、さすがに色はすけていないが、体にぴったりとくっついて、小さなショーツの形がわかる。

 もちろん裕次のほうも同様だ。

 裕次はその彼女の濡れた姿に強く欲情した。

「ひええ。一瞬でこんなに濡れるなんて……」

 彼は助手席で髪の毛を拭う彼女の両手を持って、自分に引き寄せた。

 雨はまだ激しく降り続いている。車全体にあたって、大きく雨音が響いている。

「きゃ」

 互いのずぶ濡れの体を密着させて抱きしめる。

 裕次は耳元でささやいた。

「下着が雨で透けてる由里さんの姿を見ていたら、もうがまんできなくなった」

「えっ。やだっ」

 やっと透けていることに気づいたらしい。彼女は慌てるが、裕次はゆっくりと彼女が上に着ていたパーカーを脱がせていく。

「あ。ち、ちょっと待って」

「待てない」

 その唇を塞ぐ。そこは雨に濡れて冷たくなっていた。

 胸を手で覆い、力を入れて揉む。

「あんっ」

 由里が甘い声を出し、目を閉じる。

 肌に貼りついているTシャツをまくっていく。濡れて透けていたピンクのブラジャーが、あらわれる。その下着も濡れている。ハーフカップから、乳房がはみ出しそうになっていた。

 カップの上から手を滑りこませて、柔肉をつかみ出すように揉む。そこは濡れて冷たく、やわらかい。乳首がカップからはみ出る。それに裕次はしゃぶりついた。

「ああっ。だめえ。ああああんっ」

 奥に引っこんでしまっていた乳肉の先端のものは、男の舌の刺激にすぐに固く尖り出して突き出てくる。

 左右の乳首を交互に吸う。

(つづく)


↓気に入っていただけたら、クリックしてください。作者がちんちんしながらくるくる回って喜びます。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
関連記事
スポンサーサイト
[PR]


Comments

プロフィール

Author:沢見独去

      
電子出版で、自作の官能小説を発表しています。小○生ものをこっそり書いていたのがばれてamazon KDP(Kindle ダイレクトパブリッシング)から追放されて放浪中。

 
著作リスト
画像をクリックすると、BOOTHの当該ページに飛びます。そのほかの販売サイトは「作品紹介サイト」か、このブログの上部のリンクからご確認ください。
新作


東京で変わってしまった幼なじみ(¥380)

無料


寝取られの館―美母娘の誘惑(無料)

ロ●系


ヨメに隠れて義娘といちゃいちゃ(¥500)


旅館少女(¥500)


図書館少女(¥500)


潮騒の町、娘と母(¥500)


義妹との、冬(¥500)


少女との、夏(¥500)


団地少女(¥500)

cover.jpg
いけない家庭教師(¥500)

cover.jpg
いけない帰省(¥600)

cover.jpg
いけない教育実習〈完全版〉(¥600)

NTR文庫


NTR文庫12 盗撮の邸宅―ダブルネトラレ・娘と妻(¥500)


NTR文庫11 寝取られ男のブルース②(¥300)


NTR文庫10 居酒屋の女将・二十九歳(¥300)

ntr09_new.jpg
NTR文庫09 背徳の宴―他人のものだった妻(¥400)

ntr08.jpg
NTR文庫08 寝取られ男のブルース①(¥300)

ntr7.jpg
NTR文庫07 囚われ、寝取られていく妻(¥300)

変心―寝取られた幼なじみ
NTR文庫06 変心―寝取られた幼なじみ(¥300)

ntr05.jpg
NTR文庫05 ネトラセ→ネトラレ―ある夫婦の記録(¥300)

ntr04.jpg
NTR文庫04 妻と夫の、寝取られ長距離交際(¥300)

NTR文庫03 図書委員の憂鬱―片想いの少女は、同級生の手で女になる
NTR文庫03 図書委員の憂鬱―片想いの少女は、同級生の手で女になる(¥300)

ntr02.jpg
NTR文庫02 妻の浮気告白―校長に脅されて感じる元教師の妻(¥300)

ntr01.jpg
NTR文庫01 愛欲と窃視の果て―三十二歳不倫妻(¥300)

その他


制服悦楽図鑑〈合本版〉(¥600)