FC2ブログ
獨去書房

獨去書房

インディーズ官能小説作家・沢見独去のブログ

アマゾンで買う ブックウォーカーで買う 楽天koboで買う

 BookList     Mail   Twitter    GuestBook
ノクターンノベルズにて『魔道士リュクラス、女子学園に潜入する』連載中!

人妻たちの饗宴 The Old Crow Bar (12)

bar02.jpg

無料連載の官能小説です。郊外のバーを舞台に、マスター裕次と、さまざまな人妻たちの関係を描きます。今回で「第3章 奈々」が終わりました。またPubooで第3章がまとめて読めます

次回からは「第4章 沙織・二」です!1/1に公開します!

下の続きを読むからご覧ください。

人妻たちの饗宴―The Old Crow Bar』 (12) 沢見独去



第3章 奈々(承前)

 ますます大介が顔を赤らめる。
 奈々はスツールから降りて立ち上がり、黒のレースでおおわれたショーツを脱いだ。一気にカウンターのジンライムを飲み干すと、足を開いてスツールに浅く腰かけた。

「来て、大介くん」

 そして、裕次のほうを振り向くと、妖艶に笑った。

「マスターはお預けね……後ろで支えておいてね」

 大介がふらふらと立ち上がり、スーツのパンツをボクサーショーツごと下ろすと。奈々の足のあいだに立った。カッターシャツの裾からは、若い肉棒がそそり立っていた。
 彼は少し腰を落とすと、奈々の膣穴にそれをあてがった。

「そうよ、大介くん、そのまま入れて……ああっ……先が入った……あああんっ」
「ああ、奈々さんっ……すごいっ」

 彼女の背中が反り返って、後ろに立つ俊介の胸に体重を預ける。

「はああんっ……奥まで来たっ……ああんっ……大介くんの、すごいっ」
 黒のスリップドレスの胸の部分はもう下にずれてしまっていて、二つのふくらみが完全に見えている。
 大介が腰を使い出す。

「あああっ……そうっ……やああああぁぁんっ……ああっ……感じるっ……」

 彼女の右手が背後にまわってきて、裕次のまだ固く勃起した肉棒を握ると、大介の突きこみにあわせて、激しくしごき出した。

「ああんっ……あああんっ……すごいっ……いいいいっ」

 大介のものが、どんどん早く、どんどん強く突きこまれていく。
 腰が妖艶にくねり、その男の動きにあわせていく。

「奈々さん……奈々さんの中、すごい締まるっ……あああぁぁ」
「大介くんの太いっ……あああんっ、もっと突いてっ……はああああぁぁ」

 ぐじゅっ、ぐじゅっ、ぐじゅっ、とリズミカルに淫らな音がバーの店内に響く。
 奈々はそのエキゾチックな美貌を淫らにゆがませて、口を大きくあけて快感を貪った。

「だめっ……またイッちゃうっ……はああああんっ、大介くんも来てえ」
「ぼくももう出そうですっ」
「大丈夫だから中へ来てっ……あああああっ……イッくう……はあああっ!」

 大介が大きく腰を突き出して彼女の奥へ精を放つ。

「ううっ」

 また奈々が体をがくがくとさせて、スツールから滑り落ちそうになった。

「……あ、あ、あ、あ、ああああん……またイッちゃった……はああん」

 荒い息を吐いて二人はスツールに座り直し、向きあって再び深いキスを交わす。
 裕次はたまらない渇望を覚える。もうがまんできない。

「奈々さん、おれももうお預けは限界だよ……」

 スツールから彼女の腰を持って立ち上がらせる。

「あーん。もう腰が抜けちゃう」

 鼻にかかった声で奈々が甘えるが、そのまま尻を突き出させて、黒のミニスカートをまくりあげると、後ろから一気にたぎったペニスをぶちこんだ。
 中はどろどろと熱く、きつく竿を締めつけてくる。

「あああっ……今度はマスターのがあん……ああああっ」

 しなだれかかるように大介の両肩にしがみつきながら、立ったまま奈々は貫かれる。
 いきなりのハイペースで、裕次は肉棒を彼女の蜜壺の中に突きこんでいく。

「あんっ、あんっ、あんっ……マスターもすごいっ……あああああんっ」

 アップにした頭を狂ったように振り立てて、半ば以上見えている白くすべすべとした背中を弓なりに反らせる。
 腰を思いっきり引いて、亀頭の外れる寸前まで肉棒を引き、そこから勢いよく子宮の入り口まで突きこむと、奈々の美尻がぱんといい音をたてる。
 それから突然ペースを変えて、今度は膣壁をこすり上げるように、ゆっくりと腰をまわす。
 ぐじゅぐじゅと、膣液が蜜壺の中で捏ねまわされ、それは溢れて奈々の内ももを伝っていく。

「はああんっ……ああっ……気持ちいいっ……あああああぁぁっ……もうだめえっ……立ってられないっ」

 奈々の膝ががくがくと折れそうになる。裕次は両手で彼女の腰を持って、ずれそうになる腰を支えた。その腰が折れ曲がり、スツールに座って奈々をぎらぎらと光る欲望の目で、食い入るように見ている大介の腰にすがりついた。

「ああっー、あああっ……あはあああああんっ」

 目の前で再び大きくなっていた大介の肉棒を、奈々はその赤くエキゾチックな口で咥えこんだ。

「ううっ、奈々さんっ」

 奈々が激しく口で責めるのか、大介がうめく。
 裕次は再び奥へと肉棒を突きこむ。奥へ突きあたるたびに、亀頭全体がぬめぬめと動く襞に締めつけられる。それはたまらない心地よさだった。

「はあっ、はあああんんっ……奥に……奥にあたるっ……うんんんっ……すごいっ」

 裕次の腰のあたりにもしびれるような快感が襲ってきて、ペニスを送りこむ勢いがひとりでに強くなっていく。
 再び大介の竿をフェラチオする奈々は、くぐもった声を上げながら、またしても絶頂の階段を昇っていく。
 もう裕次もがまんできない。熱いかたまりが、ペニスをこみ上げてくるのをまざまざと感じる。

「奈々さん、出すよっ」
「んんんんっ……だめっ……わたしもイクう!」


 奈々の中にたっぷり出した裕次は、もう満足だ。カウンターの中に入って、それぞれの酒のおかわりを作っている。
 カウンターの外では、スツールに座る大介に、奈々が背中を向けてかぶさるように。後ろから彼のペニスを受け入れて、二回戦が始まっていた。

「はああんっ……もうだめっ……おかしくなっちゃうっ」

 大介の腰に下から激しく突きあげられ、奈々のスレンダーな肢体は、ずり下がったスリップドレスから乳房をさらけだしながら、淫らに上下に動いている。小振りな美乳の先に尖った乳首があって、それが男の腰の動きにあわせて小刻みに揺れている。

「奈々さん、すごくきれいで、いやらしい顔をしていますよ……」

 冷静にカウンターの向こうから評されて、急に恥ずかしくなったのだろう、奈々が右の手のひらで顔を隠すようにする。

「あああんっ……マスター見ないでえっ……あ、あ、あ、ああああぁぁん!」

 大介がその二つのふくらみを背後からつかむ。人差し指と中指のあいだに乳首を挟みこんで、強く揉むと、ますますピンク色の乳首が固くなった。
 まだ黒のピンヒールを履いた足を突っ張り、両手をカウンターに乗せて、奈々は腰をぐるぐるとまわすように動かしながら、快楽を貪欲に吸収する。

「ああああぁぁっ……あはんっ、すごいっ……感じちゃうっ」
「奈々さんっ……奈々さんの中、気持ちいいですっ……」

 大介の動きが激しくなっていく。あわせて彼女の体の上下の動きも速くなっていく。奈々の細い指が、カウンターの縁を握りしめる。

「だめえ、大介くんっ……すごく気持ちいいのっ……あんっ、あんっ、ああああぁぁぁっ!」

 汗だくになった二人はもう単なるオスとメスの二匹の獣になる。奈々の眉が眉間に皺がいくほど強く寄せられ、固く閉じた瞼はぴくぴくと痙攣している。ほつれ毛が一筋、額に張りついている。
 二人の淫行は、フィニッシュを迎えようとしている。

「ぼくもう我慢できませんっ! ああっ、奈々さんっ……うっ!」
「あたしももうだめっ。来ちゃうっ。またびくびくって来るっ……ああああん……いいっ……はああああああぁっんっ!」

 大介が反り返り、射精するのがわかる。スレンダーな体をくねらせて、奈々がそれを受け止めた。
 二人揃ってなんども体を波打たせて、快楽を貪ったのち、二人は重なってカウンターに突っ伏した。肩で息をしながら、アクメの残滓をたっぷりと味わっている。
 その後、しばらく経って、ようやく二人はカウンターから起き、裕次の用意したモヒートを一気に飲み干した。奈々の美しい顔はまだ真っ赤に上気し、メスのフェロモンを漂わせていた。
 気怠げに、みずからの服装を整えながら、隣に座る大介に妖艶に微笑んだ。

「どお、大介くん。童貞卒業は、気持ちよかった?」

 彼は照れた。

「は、はい、奈々さん、すごくよかったです……」

 見つめあう二人。
 裕次はその顔を交互に見ながら、苦笑した。

「まあ、おれも混ざれてよかったよ、兄弟」


 それから大介は、週に何度も通ってくるオールド・クロウの常連客となった。
 裕次にとっては文字通りの弟分だ。
 奈々と大介は、何度かこっそり逢っているようだった。本気にならなければいいがと、裕次は心配していた。


 ひげのマスターのカレーは、あいかわらず旨かった。

(つづく)

↓気に入っていただけたら、クリックしてください。作者が汗をぬぐいながら爽やかに喜びます。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


Comments

プロフィール

沢見独去

Author:沢見独去

電子出版で、自作の官能小説を発表しています。現在はネトラレ(寝取られ)属性専門レーベル「NTR文庫」・なるべく脱がずにエッチするのが目標wの「制服悦楽図鑑」、ラブイチャ系ロリータ小説などを展開中!

月別アーカイブ



 
著作リスト


義妹との、冬(¥500)


少女との、夏〈改訂版〉(¥450)


団地少女〈改訂版〉(¥440)


いけないシリーズ【合本版】(¥1,250)


寝取られ男のブルース②(¥300)


居酒屋の女将・二十九歳(¥300)

lol03_1.jpg
いけない家庭教師・上―教え子JC三人との魅惑の日々(¥250)

lol03_1.jpg
いけない家庭教師・下―教え子JC三人との魅惑の日々(¥300)

ntr09.jpg
背徳の宴―他人のものだった妻(¥330)

ntr08.jpg
NTR文庫08 寝取られ男のブルース①(¥300)


制服悦楽図鑑04 OL奈央子の受難(¥200)
BookWalker / Amazon


いけない帰省・上―イトコ姉妹とその友人との淫らな日々(¥250)


いけない帰省・下―イトコ姉妹とその友人との淫らな日々(¥300)

ntr7.jpg
NTR文庫07 囚われ、寝取られていく妻(¥250)

変心―寝取られた幼なじみ
NTR文庫06 変心―寝取られた幼なじみ(¥250)

cos03_3.jpg
制服悦楽図鑑03 若叔母の喪服(¥200)
BookWalker / Kobo / Amazon

cover.jpg
いけない教育実習・上―女子中学生三人とのハーレムな日々(¥250)

lol01_2.jpg
いけない教育実習・下―女子中学生三人とのハーレムな日々(¥250)


制服悦楽図鑑02 パンツスーツの女 (¥200)
BookWalker / Kobo / Amazon


制服悦楽図鑑01 ナースふたりの淫らな看護 (¥200)
BookWalker / Amazon

ntr05.jpg
NTR文庫05 ネトラセ→ネトラレ―ある夫婦の記録(¥300)

ntr04.jpg
NTR文庫04 妻と夫の、寝取られ長距離交際(¥250)

NTR文庫03 図書委員の憂鬱―片想いの少女は、同級生の手で女になる
NTR文庫03 図書委員の憂鬱―片想いの少女は、同級生の手で女になる(¥250)

ntr02.jpg
NTR文庫02 妻の浮気告白―校長に脅されて感じる元教師の妻(¥250)
BookWalker / Kobo / Amazon

ntr01.jpg
NTR文庫01 愛欲と窃視の果て―三十二歳不倫妻(¥250)
BookWalker / Kobo / Amazon